江戸時代から続く美しい町並みで知られる岡山県倉敷市。
「倉敷意匠計画室」と「倉敷意匠分室」は、今も手仕事の伝統が残る倉敷を拠点に活動する雑貨メーカーのブランドネームです。
日用品として日々使われることで、より美しく育っていくような、
誰かにとってのかけがえのないモノを送りだしていけるよう願う、小さな小さなブランドです。

おすすめ
ガリ版刷独特のニュアンスを生かしたイラストで大注目の「絵と木工のトリノコ」さん...

白い水切りかごは、国産ステンレスに粉体焼付塗装だからサビの心配もなく、清潔・快...

 北欧の国々で伝統的に使われているお針箱のかたちを、日本産のなら材で作りました...
直営店
click→直営店「アチブランチ」のホームページへ
作家で探す
お知らせ
「倉敷意匠計画室presents 2014イラストカレンダー」は、な、なんと11月26日発売&nbs...
「毎日使う手帳だから、お気に入りのものを持ち歩きたい。世界でたったひとつの自分...
2年ぶりの紙モノカタログは、今大注目の岡田斉子さん、赤飯堂さん、トリノコさんなど...
「マスキングテープとmtの本」出版記念展
いのまたせいこさんによる「マスキングテープとmtの本」が、10月下旬にカモ井加工紙さんから発売されますが、その本の出版を記念した展覧会が開催されます。
本の取材を受けた倉敷意匠もちょこっと参加させてもらいます。
「マスキングテープとmtの本」の製作に関係するありとあらゆるモノが集められ、mtも可能な限り全部並べるのだそうです。
東京/ cafe&gallery 芝生 2013年11/22(金)〜12/3(火)
山口/ ロバの本屋 2013年12/20(金)〜31(火)
2013-10-09
世界でたった一つの手帳つくりワークショップ←click 
〈手島裕さんの手帳倶楽部 × nuComfie × 倉敷意匠 共同企画〉
  東京会場→10/26(土)・27(日)・倉敷会場→11/17(日)
毎日使う手帳だから、お気に入りのものを持ち歩きたい。
表紙革、綴じ糸、内ポケット、用紙を自分で選んで、自分好みにカスタマイズして、
あなただけのオリジナルの手帳をつくりませんか?
おいしいお菓子とお茶付きのワークショップです。
2013-09-03
nuComfie vol.20
「木下綾乃さんが訪れる世界でたったひとつの手帳作り」P59〜63
倉敷意匠presents『日々を愛しむモノ(前編)』として、手島裕さんといっしょに作った手帳作りキット(倉敷意匠分室「作りごとカタログ」に掲載)を紹介いただきました。
イラストレーター木下綾乃さんが手島裕さんの手帳倶楽部ワークショップで自分だけの手帳作りに挑戦しました!
交通タイムス社刊 ¥980
2013-08-26
倉敷意匠分室の「作りごと」展 in 京都 恵文社 ←click
京都 恵文社さんの生活館ミニギャラリーにて、今春発刊の分室カタログ第6編「作りごとカタログ」に掲載の新作を中心に、展示販売を致します。安藤明子さんのガーゼハンカチ、点と模様製作所さんの刺繍バッグ、萩原千春さん、堀仁憲さん、伊藤環さんのうつわ、結城伸子さんの野の花ポシェットなどなど。
5/11(土)- 5/24(金)
2013-04-29
365日 Charming Everyday Things 2013春/夏
川島蓉子さんの指揮のもと、日常をチャーミングにする日用品をテーマに始まった「365プロジェクト」の書籍第2弾が発売されています。今回は春〜夏の2シーズンを26週に区切り、実際の暮らしの中での使い方が実感できるスタイリングとなっています。倉敷意匠アイテムは、5週に渡って掲載されています。
2013-04-04





●全カテゴリ一覧