江戸時代から続く美しい町並みで知られる岡山県倉敷市。
「倉敷意匠計画室」と「倉敷意匠分室」は、今も手仕事の伝統が残る倉敷を拠点に活動する雑貨メーカーのブランドネームです。
日用品として日々使われることで、より美しく育っていくような、
誰かにとってのかけがえのないモノを送りだしていけるよう願う、小さな小さなブランドです。

おすすめ
倉敷意匠分室カタログ「生きものをめぐる22人の作り手たちの物語」に掲載の品番85653...

松永武さんと高井知恵さんご夫婦による型染めユニット「katakata」さんに「印判手」...

使いごこち抜群で大人気の今治タオルシリーズに、杉綾織ガーゼやちぢみガーゼなど新...
直営店
click→直営店「アチブランチ」のホームページへ
作家で探す
お知らせ
長い間品切れしておりました、KIYATAさんのカードスタンドとペンスタンドがようやく...
お待ちかねナンシー関さんシリーズ第2弾を販売開始いたしました。大ヒット美人カード...
「毎日使う手帳だから、お気に入りのものを持ち歩きたい。世界でたったひとつの自分...
2014/12/10〜 台湾「小器」さんにて、倉敷意匠日用品展←click
台湾「小器」さんにて倉敷意匠展を開催いただいています。
海外でこのように美しい展示をしていただけて嬉しい限りです。
開催場所住所:台北市八?路一段1號
期間:2014.12.10 −2015.1.4
時間: 日曜日〜木曜日:13:00〜20:00
金曜日、土曜日:13:00〜21:00
2014-12-10
18〜19 世紀のフランス白磁 東京巡回展←click
書肆サイコロさん、今年最後の展示です。
白い器の静物画のような世界。

2012年にアチブランチで開催されたフランス白磁の巡回展です。
18世紀南仏の白釉陶器と19世紀クレイユ&モントロー社の軟質白磁を中心に、フランスの白い器ばかり約100点を展示販売いたします。

フランス白磁独特のやわらかでしっとりとした肌味をお楽しみいただきたく思います。
この企画展に合わせて、大沼ショージさんによる暗く深い影の中に浮かぶ器たちをひっそりと捉えた静物画のような写真集「白磁」を販売いたします。

12月6日(土)〜12月23日(火)東京都杉並区高円寺北「書肆サイコロ」にて
2014-12-06
19世紀フランスの布展 in 京都 恵文社 ←click
2013年12月に倉敷意匠アチブランチにて行われた企画展「19世紀フランスの布展」の巡回展を京都 恵文社さんにて開催します。
産業革命(1760-1830年頃)以降、技術の独占を目的に機械輸出を禁じていたイギリスが、ナポレオン戦争(1804-1815年)の終了後、その一部を解禁したことから、フランスにも急速な工業化が始まります。
19世紀のこの時期は、市民革命(=ブルジョワ革命 1787-1799年)によって地位を確立したブルジョワ層が、革新的に飛躍する生産背景の中での旺盛な所有欲を満たすべく、市民文化を花開かせた時代でもあったと思います。
「19世紀フランスの布」と題するこの小さな展では、この時代のブルジョワたちがこぞって自家に取り上げたであろうインテリアファブリックを中心に展示販売いたします。
お買い求めやすい小さなカット生地や、普段着に最適な20世紀初期頃のリネンワンピースなどもご用意いたします。
恵文社一乗寺店 生活館ミニギャラリー
2014年9月13日(土)〜9月26日(金)
10:00 〜 22:00(最終日のみ 10:00 〜 18:00)
2014-09-04
手島裕さんの世界でたった一つの手帳つくりワークショップ in 京都
手帳倶楽部の手島裕さんを講師に迎えて、倉敷意匠版「手帳つくりキット」を使った手帳つくりとアレンジを指導いただきます。
表紙革、綴じ糸、内ポケット、用紙を自分で選び、さらにボタンやビーズを使ったり、 ステッチ刺繍したりして、唯一無二のオリジナル仕様にカスタマイズします。

場所/京都 恵文社一乗寺店コテージ
   (問い合わせ/恵文社TEL:075-711-5919)
開催日/2014年10月13日(月祝)
午前の部/10:30〜12:30
午後の部/14:00〜16:00
定員/各回10名
ワークショップ受講料/¥5,800(手帳代込み)

※11月には、倉敷意匠アチブランチ(岡山県倉敷市)にてもワークショップ開催予定。
詳細は、10月上旬頃アチブランチHPにてお知らせいたします。
2014-09-04
「old paper」-祈りの紙々- 東京巡回展 ←click
2012年9月に倉敷意匠アチブランチにて行われた企画展「old paper」-祈りの紙々ーの巡回展を東京高円寺・書肆サイコロさんにて開催します。
数百年を経て大切に守られてきた紙々が、高野秀男氏によるオブジェのような額装とともに集まります。
ヨーロッパ15〜16世紀の手書き写本によるキリスト教時祷書、グレゴリオ聖歌、活版印刷創世期の印刷物、また日本で平安時代〜鎌倉時代に作善としておこなわれた印仏、江戸時代の護符など、祈りを託した「いにしえの紙々」約60点を展示販売いたします。

書肆サイコロ 東京都杉並区高円寺北4-31-16
2014年9月6日(土)〜9月28日(日)
open 13:00 close 19:00 ※水曜休み
*アチブランチブックスから刊行されている三部作巡回展として、6月の「土偶・布偶」から始まり、今回の「old paper」、12月に「白磁」の展示を予定しています。
2014-09-02





●全カテゴリ一覧