江戸時代から続く美しい町並みで知られる岡山県倉敷市。
「倉敷意匠計画室」と「倉敷意匠分室」は、今も手仕事の伝統が残る倉敷を拠点に活動する雑貨メーカーのブランドネームです。
日用品として日々使われることで、より美しく育っていくような、
誰かにとってのかけがえのないモノを送りだしていけるよう願う、小さな小さなブランドです。

おすすめ
5冊目となる紙モノカタログは、「本が好き」特集号。「本」ということにテーマを絞っ...

「紙モノカタログ5 本が好き特集」への掲載プロダクトとして、伴田良輔さんの「パ...

mitsouさんと作るオリジナルノート第2弾。さらに細部にまでこだわって、ようやく完成...
直営店
click→直営店「アチブランチ」のホームページへ
作家で探す
お知らせ
みはに工房さんの架空の本屋さん「ミハニ書林」シリーズを販売開始いたしました。
長い間品切れしておりました、KIYATAさんのカードスタンドとペンスタンドがようやく...
お待ちかねナンシー関さんシリーズ第2弾を販売開始いたしました。大ヒット美人カード...
「紙モノカタログ5・本が好き特集」掲載新商品のオンラインショッピングへのアップがはじまりました。
新カタログ「紙モノカタログ5 本が好き」から、在庫が整いました下記のシリーズ新商品がオンラインショッピングへアップしていますので、ぜひご覧ください!!
関美穂子さんの「文庫本つまようじ」/ナンシー関さんの消しゴム版画から「モーレツ付箋」/伴田良輔さんの「パラパラ乳房」/みはに工房さんの「ミハニ書林」シリーズ/ミツさんが使いたいノート その二/トリルさん「お伽草子のけものたち」 /カキノジンさんの「本が好き」ハンコ などなど
ホームページトップにあります、「作家で探す」のリンクからアクセスしてください。
この後も、引き続き在庫が整い次第、新商品をアップしていきますのでお楽しみに!!
2015-06-19
文庫本画廊 倉敷意匠コラボバージョン←click
「紙モノカタログ5」にてご紹介いたしましたブックピックオーケストラさんの文庫本画廊 ・倉敷意匠コラボバージョンの販売が始まりました。
文庫本画廊は、絵のように見えるけれど、ふつうの絵画と違って中に言葉が詰まっていること。絵が伝えようとしていることを実際に手に取って読むことができます。
まずは内容を想像しながら絵を鑑賞し、次に中の本を読んでたのしみ、またそのあと、部屋に飾ることもできる、他にはない本の贈り方です。
2015-05-25
倉敷意匠の書籍・カタログの販売店様募集
倉敷意匠計画室出版の書籍およびカタログの販売店様を募集しております。
書籍限定卸売の場合、通常商品の卸売と区別させていただきますので、初回導入ロット条件はありません。ただし、委託販売ではなく、すべて買い切り条件となります。
その他詳細な卸条件については、商品センター営業部宛にメールにてお問い合わせください。
2015-05-20
2014/12/10〜 台湾「小器」さんにて、倉敷意匠日用品展←click
台湾「小器」さんにて倉敷意匠展を開催いただいています。
海外でこのように美しい展示をしていただけて嬉しい限りです。
開催場所住所:台北市八?路一段1號
期間:2014.12.10 −2015.1.4
時間: 日曜日〜木曜日:13:00〜20:00
金曜日、土曜日:13:00〜21:00
2014-12-10
18〜19 世紀のフランス白磁 東京巡回展←click
書肆サイコロさん、今年最後の展示です。
白い器の静物画のような世界。

2012年にアチブランチで開催されたフランス白磁の巡回展です。
18世紀南仏の白釉陶器と19世紀クレイユ&モントロー社の軟質白磁を中心に、フランスの白い器ばかり約100点を展示販売いたします。

フランス白磁独特のやわらかでしっとりとした肌味をお楽しみいただきたく思います。
この企画展に合わせて、大沼ショージさんによる暗く深い影の中に浮かぶ器たちをひっそりと捉えた静物画のような写真集「白磁」を販売いたします。

12月6日(土)〜12月23日(火)東京都杉並区高円寺北「書肆サイコロ」にて
2014-12-06





●全カテゴリ一覧