home > 作家 > アトリエ ペネロープ
home > カテゴリ > 文具 > ブックカバー・しおり
home > カテゴリ > 文具 > 布もの
home > 素材 > 布製品1(日用品) > 文具
home > 素材 > 布製品3(ファッション雑貨) > アトリエ ペネロープ
ブックカバー(文庫本用)チャイニーズレッド
商品コード:18100-01

真ん中の黒い帯は、輪ゴムバンドになっています。
(帯の一部は本体に縫い付けてあります。)
商品仕様: 開いた時/ヨコ34×タテ18cm 綿100% パラフィン加工 日本製
商品説明: アトリエペネロープ
唐澤明日香さんのブックポーチ

かれこれ7〜8年くらい前だったか、アトリエペネロープの唐澤明日香さんに仕事のお願いをしたことがありました。
帆布のトートバッグと言えば、いくつかの老舗かばん屋さんの看板商品でもありますし、なにより丈夫で機能的なものですから、昔からの愛用者も数多くいらっしゃいます。
なのですが、唐澤さんの帆布バッグは、どこかそれとは一線を画しているように感じられ、今までになかった綺麗な色がすぐに眼を引くところも、もちろんそうなのですが、言葉では説明できない佇まいの美しさというのか、思い切り削ぎ落した潔さというのか、なんだかとても格好良くって、この人にバッグを作ってもらいたいと思ったのでした。
その時は、本当に忙しい真っ只中だったみたいで、仕事は実現しなかったのですが、今回カタログで、ブックポーチを作ろうと思い立った時、ふたたび頭をよぎったのが、やっぱり唐澤さんだったのです。

唐澤さんの作るバッグは、おおむね多機能ではありません。
肩には掛けられないけど小さい持ち手がかわいいトートバッグとか、短めショルダーだけれど背中にぴたりとおさまるデリバリーバッグとかは、用途が限定されすぎる気もするけれど、使ってみると身体の一部のようにしっくりなじんで、気がつけば結局毎日使っているというようなことになります。
なにより、便利ないろいろをなくすことで、思い切りかわいいかたちが実現するわけで、たとえば椅子にポンと置いておくだけでも、うっとりとするほど眺めが良いということは、とても大切なことだと思うのです。
そんなバッグのような、本のためのポーチを作ってもらえませんかとお願いしましたら、今度はすぐに快諾いただき、長年の望みがかないました。

さて、出来上がったのは、やわらかく洗いをかけたブックポーチと、パラフィン加工でぱりっと張りのあるブックカバー。
なるほど、どちらも唐澤さんらしいおしゃれさで、さっそく本を持ってどこへ出かけようか、気分が盛り上がってしまいます。
シンプルですが、使い込んだらさらに味わい深く変化して、自慢の一品となること請け合いです。
「なかなか文庫本サイズのものしか見つからないので、単行本サイズのも欲しいですよね。」と言ってくださったのも嬉しいかぎりでした。
小売価格: ¥3,190
在庫状況: 在庫少
買い物かごに入れる

写真の商品は、18101-02 ブックカバー(B6判書籍用)ライトグリーン です。

唐澤 明日香 バッグデザイナー
からさわ あすか
1966年 群馬県生まれ
1984年 文化服装学院卒業
潟Tザビー勤務を経て、独自で物づくりを始める。高速道路を走る軍用トラックの幌に魅せられたことをきっかけに現在の帆布を中心としたバッグの製作に至る。
1996年 アトリエぺネロープ設立。
http://www.atelierspenelope.com/