home > 作家 > おるがん社 / にしおゆき
home > カテゴリ > オブジェ・人形 > にしおゆき
home > 素材 > 陶磁器 > にしおゆき
home > カテゴリ > オブジェ・人形 > 下川原焼
にしおゆき人形(青い鳥のチルチル)
商品コード:15511-03

商品仕様: 約幅3.5×奥行き3.2×高さ10.5cm 陶器 日本製
商品説明: にしおゆきさんの新しい仕事
童話の世界の土人形プロダクト

昨年の夏、アチブランチで開催された「にしおゆき」さん+「えほんやるすばんばんするかいしゃ」さんによる展覧会「人形と絵本」は、おかげさまの大好評で、県内外からほんとうに多くのお客様にお出でいただけたのですが、有り難いやら、申し訳ないやらで、欲しかった人形はことごとく売約済みになっていて、けっきょく購入は叶わずのお客様が続出となってしまいました。
しかしながら、にしおさんが、個展を中心とした現在の製作サイクルの中で、これ以上の数量を上げていくことは実際問題として難しい。
ならばと、密かに作戦会議を繰り返し、ちゃんと皆様のお手元にお届けできる「にしおゆきプロダクト人形」の製作に向けて、一大プロジェクトを敢行する運びとなったのです。
まずは、青森県で文化年間より続く下川原焼(したかわらやき=鳩笛≠ヘ幸せを呼ぶ津軽の郷土玩具として特に有名)土人形を継承する阿保正志さんにご協力いただけないかと、恐る恐るお尋ねしてみますと、「ぜんぜんオッケーですよー」と快諾。強い味方を得て、一気にモチベーションは高まり、すぐさまえほんやるすばんばんするかいしゃの荒木さん夫妻に人形のテーマとなる絵本探しを依頼、にしおさんには、多忙な個展スケジュールの合間を縫って、人形のエスキース描きから初めてもらいました。
と言っても、にしおさんにとってデザインと原型製作が仕事というのは初めてのこと、「色選びのラビリンスに迷い込みそうだぁ」の時には、近所のカフェで缶詰めになっていただきました。
その功が奏してか「下書きといっても結局これって荒練りと菊練りみたいなもんなんです。練ってるだけで。」とよくわからないことを口走りつつ、筆を陶土に持ち替えたトタンに創造力はジャンプして、おとぎ混沌の土人形がぽんぽんぽーんと一気に生まれ出たのです。

にしおさんの作った原型を青森の阿保正志さんの工房へ送って、型、抜き、素焼き、胡粉掛けまでしてもらって、
「全てのサンプルが手元に届いた時は感動しました。さすがの美しい仕上がりで、職人さんすごい!プロの仕事を肌で感じるっていうか新鮮な体験。彩色する間中筆も指も喜んでました!」
なんとか色決めを終えてここからはにしおさんの手を離れ、また青森へ。
小売価格: ¥2,860
在庫状況: 在庫少
買い物かごに入れる